戻る

見出し




戻る

    特長

      長い耳に美しい髪。男女共に美形
      耳の長さは個人差が見られるものの、平均して肩幅程度。耳は感情によって動くため、耳の位置で感情を読み取ることも可能。
      髪は細く、薄い色合い、主に緑系から青系までが一般的だが、緑も青系の中に入るので、実質青系統
      人間が人目見ると思わず見とれてしまう。女性であればスタイル良好。男性であれば健全男子そのもの。ただ、身体に関して言えば個人差が大きい上に「美しい」の基準が個人によってバラバラなので容姿に関して言えば決め手が無い。但し肌白なのは男女共通。
      寿命は人間の倍程度。外観成長は8歳までは人間と同じように成長し、そこから二倍の年月をへて成人する。成人後は老化をしない。つまり、40歳(人間年齢20歳)以降の外観変化は無いと言う事
      欲望は薄く、本能的に集団生活を意識した行動をとる。
    一番上へ戻る


    地理

    里周辺:
      里中央には池があり、その池には3方向から流れるの小川によって維持される。池は終着地ではなく、そこからさらに街へと降りていく。降りる途中で3つ股に別れ、エルフたちはこの3つの川で生活用の水を得ている
      その為、里中央より上流区は一般の立ち入りを禁じ、水職、水管理、仕官、長。それ以外の者は出入りできない。水の盗難、汚濁は重罪であるのは水が命にかかわるから。
      山は北側に位置し、南に川を辿り街を越えるとそこには海がある。里から海まで歩くとだいたい16時間掛かる。
    一番上へ戻る
    里内部:
      上記の通り、中央より北側に家屋は存在しない。ただしその分東西に広がっており、この場所は丁度東地区の端。水路と呼ばれる川から少ししか離れていない。そのため、時間を間違えて森に侵入するともれなく沐浴中のエルフと遭遇する。時間をわきまえよう。

    街:
      エルフの里の東から南部に描けてエルフの里と隣接している。最も隣接した場所から最寄り駅まで歩いて2時間掛かる。その場所に好き好んで住む者を後述のベネセーは面白く思ってない
      この北端の駅から南端の港まで電車で1時間と、高速で繋いでいる。一区間110円※1と大変安く、港まで660円でたどり着く手軽さもある。中部国鉄「ER開運」が事業している
    一番上へ戻る



    言語設定

    女性名・男性名:
      日本人の名前、太郎は男性名、花子は女性名。と決まっているようにエルフも決まりがある。
      エルフで女性名をあらわすのは長音符や拗音を。男性名の場合は促音や濁音を利用する。
      半濁音は日常会話では使用しない、所謂“卑語”が多い
      苗字は男女共に存在しない
    一番上へ戻る
    種族:
      大きく分けると人間と亜人間のエルフに分かれ、さらに細かくハイエルフ、エルフ、ハーフエルフ、ダークエルフと分けられる。今では分けること自体が差別であり、統一してエルフと呼ぶのが一般的
      かつて、ハイエルフは聖エルフと言われ、その気高さと何より一族の血。それに高いプライドと誇りを持っている事でも有名で、今でもハイエルフと呼ぶ事もあるが一般的ではない。
      ダークエルフはハーフエルフの一種で、ハーフエルフに比べて人間に近い者をさしていた。
    一番上へ戻る
    言語:
      彼らはエルフ語と呼ばれる独自の言語を使う。その起源は英語とされ、英単語をそのままエルフ文字に置き換えれば殆ど通じる。当然の事ながら読みは異なるうえ文法も異なる。
      相変わらず日本語のみの単語「もったいない」はエルフ語にも存在せず、似た言葉「アィコ ボッサイア」を使用する。直訳すると「それを捨てるな」になる。もっとも言語能力が高い彼らは日本語で対話できるので問題はない
      地名でも濁音の混ざった単語は連呼するのは控えたほうが良いのは前述の通りだが、地名そのものが卑猥であったり侮蔑だったりするので注意が必要である
    一番上へ戻る


    オリキャラ

    アーセイ:
      喜怒哀楽が判りやすい。全て顔に出るため、人を謀る事は不可能。その表情に連動して長い耳も上下に動くのは彼女とて例外ではない。胸の大きさに悩む年頃
      背は人間から見ても低く、耳は平均より長め。髪は背中までと短く、その髪は透き通るような淡い水色をしている。歌が上手く「セイカ」の異名を持つ。日本語訳は「歌姫」
      性別:女性
      年齢:18
      身長:低い
      size:並,並,並
    一番上へ戻る
    セーシェ:
      アーセイの姉。あまり人間に対して良く思ってないが、アーセイが許した人間なら、と最近は丸くなった。良く思ってないのは彼女が生きてる間に起こった妖精戦争が原因
      背は普通で、アーセイよりも高い。耳は肩幅程度と平均通り。髪は水色をしていて長さは踝まである。人間界で言う保母を行っており「アイニ」と呼ばれる事が多い。意味は「お姉ちゃん」
      性別:女性
      年齢:50
      身長:並
      size:大,並,中
    一番上へ戻る
    ベネセー:
      実はヘネセーが名前なのだが、妖精戦争の首謀者として里を追放される時に強制命名させられた。もとエルフなのだが、一族の誇りである長耳はもうない。今では人間界の上の方にいるので、人間エルフ共にあまり良い存在ではないが支持者も居る。
      人間不信でかつ追放者であるエルフを憎んでいるため、隣接町の住居を禁止していたが、駅から遠く土地が安い上に空気が澄んでいるため住む者も多く、彼女はそこに住むものを「貧民」や「難民」と呼ぶほど
      性別:女性
      年齢:100
      身長:大
      size:大,小,大
    一番上へ戻る
    茲呂賀 榛菜(こころが はるな):
      いつも笑顔を絶やさない明るい女の子。と、思いきや、怒っていても笑顔。しかし性格も明るく優しいため老若男女、人妖問わず彼女の周りには人が集まる。誰隔てなく平等に接する事ができるのも集まる要因の一つかもしれない
      髪は普通でお尻の下程度。4姉妹中一番綺麗な黒髪を誇るが、それを自慢しないのも人気の一つ。童顔らしい。次女
      性別:女性
      年齢:19
      身長:並
      size:中,並,中
    一番上へ戻る
    茲呂賀 夏奈(こころが なつな):
      元気良く動き回る女の子。その活発さは目を見張るものがある。いいたい事は全て口に出す性格で、躊躇う事無く言葉を発するため、極稀に問題を引き起こす事も
      髪は短く肩までしかない。それは運動するに邪魔だからだそう。榛菜と並んでいると姉妹逆に見られる事もある。三女
      性別:女性
      年齢:18
      身長:中
      size:小,中,中
    一番上へ戻る
    茲呂賀 秋奈(こころが あきな):
      元気がいい女の子。でも元気を使う方向がいつも真逆。スカートを極限まで短くして誘うくせに近寄った直後に悲鳴を上げたり男殺しでもある。彼女の方から近づく場合は無害らしい。しかし策士なのは間違いない
      髪はお尻の上程度で、後ろから見ると子供にしか見えない。末女
      性別:女性
      年齢:17
      身長:小
      size:小,小,小
    一番上へ戻る
    茲呂賀 冬香(こころが ふゆか):
      ツリ目が美しい。大人しめな彼女は会話でも一歩引いてしまい聞き手に廻ることが多い。あまり感情的にならずに常に先を読むその姿は上級参謀のようである。冷静沈着で状況判断も優れている事から異性に好まれる性格でもある。勿論交際ではなく、策略のほうで、である
      髪は膝まであり、大人しいながらも妹達を大切に思っていて、妹のためとなると無茶をする。長女
      性別:女性
      年齢:21
      身長:中
      size:大,並,中
    一番上へ戻る


    歴史

      西暦1945年、エルフの森と呼ばれる場所に集落があることを発見し、独自の文化を築いていた彼らに当時の首相は宣戦布告をする
      翌年1946年、防戦一方だったエルフは当時ヘネセーの指揮によって報復を開始。1946年夏、妖精戦争、通称「人妖戦争」が勃発する。この「人妖」の「妖」は妖怪ではなく妖精の妖なので間違えぬよう
      1950年。エルフの全面降伏により終戦。首謀者であったとしてヘネセーはB級戦犯として名前をベネセー(尻軽女)に改めさせら、里から追放され、エルフは日本の傘下に入る調印を行う。
      そして現在。特に異変はないが、良くも悪くも人間界は自動化が進み挙句の果てには地下に埋没する化石燃料を燃やし大気に多大なる損害を蒙っている。冬は不安定。夏は猛暑とやってられない気候が続く
      現在では外国語学校の他にエルフ語と言うものもあったり、今ではエルフの入校を許可する学校も増えてきている。エルフは勉強熱心で、しかも外交に大変興味があるため、街にいるエルフは日本語が完璧である。
    一番上へ戻る
戻る











Ads by TOK2