N 顔色でわかる病気

顔の色はその人の健康と深いつながりがあります。これを知っていると家族や自分の体の異変を発見する手がかりになります。
健康な人の顔色は薄い黄色で赤みをおび光沢があります。想像出来ない人は幼児の顔色を見て下さい。

顔色を判断するときの注意(チョットわかりずらいです)

良好な顔色

悪性な顔色

白絹に朱を包んだような赤

赤土のような赤(黒みを帯びた赤)

青玉のような青

藍のような青(沈んで暗い青)

あひるの羽のような白

塩のような白(つやのない白)

白絹に黄金を包んだような黄色

黄色

黄土のような黄色(沈んだ黄色)

漆黒のような黒

黒土のような黒(すすけた黒)

赤ら顔の人
心臓に異常があると顔に赤色がでます。たとえば狭心症、心臓肥大、高血圧などが疑われます。
病気が発病寸前には、額がまず赤くなります。次に口のまわり(病気の初期)、両ほほののところの赤みになります。
両目の間鼻の上のところが淡赤色をしているとすでに心臓の病気があります。
まだ発病してないか熱病(熱とは感染症が多い)があるといろいろのところが赤くなります

左のほほだけ赤い

肝臓、自律神経の疾患が疑われます。下の青い顔のところをお読み下さい。
右のほほだけ赤い
肺の呼吸器機能、水分代謝、体温調節などの疾患の疑いがあります。下の色白の人をお読み下さい。
両ほほ骨にそって赤い

腎臓、生殖器系、内分泌系の疾患が疑われます。下の黒ずんだ顔の人をお読み下さい。
腎臓、生殖器系、内分泌系の疾患が疑われます。下の黒ずんだ顔の人をお読み下さい。
鼻先(鼻の頭)が赤い

脾臓、胃腸の疾患が疑われます。下の黄色い顔の人をお読み下さい。

kanzou

青みががった顔の人

肝臓部分にうっ血があり、血液の流れががわるくなり血液中に老廃物が増え血液の色が黒褐色になります。
そして血管が浮き上がり皮膚が青みを帯びてきます。
鼻の上の部分と両目の下の下瞼の水平な横の部分で肝機能の善し悪しが解ります。上図を見て下さい。
たとえば眼の下のふちが大きくてすっきりしている者は、胆力が十分で肝臓機能は正常です。
大きな浮腫のある方は腎臓・胃とも正常ではなく、肝臓・胆嚢の機能にも影響があります。
上図の部分に異常な反応があらわれたとき、たとえば色が黒く変わる、ボツボツが出きる、腫れぼったい痛みが現れるなどというときは、肝臓の検査をして下さい。
左のほほだけ赤くなった時は、肝臓・胆嚢の初期疾患を疑ってみて下さい。

色白の顔の人
肺・呼吸器関係が要注意です。かせ゛をひきやすく、皮膚の弱い人が多いです。
肺の具合は眉間に現れます。
眉の内側の間にはっきりした皺(しわ)がたくさんある人は、胸中にもやもやがあって憂鬱な人です。
下図
両眉の間に2から3本のはっきりした皺のある人は、酒やたばこの不摂生があるか、冷たいものの飲み過ぎか、体をつねに寒さのなかにおいている人です。両眉の間が広い人は楽観的、狭い人は心配性
両眉の間の色がすっきりしている人は肝臓機能が良く、黒ずんでいる人は肺機能が悪い
肺の疾患が発病寸前は右ほほがまず赤くなり、病気の初期には眉の上が白くなります。
黒ずんた顔の人
顔色が黒ずんでいる人は、腎臓、生殖器、ホルモン関係に注意が必要です。
実際に腎臓病になりますと皮膚は黒ずみますし、精力が減退しても眼のまわり、胴回りが黒ずみます。
腎臓の疾患はほほ骨と鼻の間に変化がでます。腎臓が病気に冒されそうになるとまず下顎が赤くなります。
ほほ骨の部分と額が黒ずんでくるとすでに病気に冒されています。顔全体が黒く憔悴しきっているか黄ばんでいると腎臓に病気があります。
黄色っぽい顔の人 
胃腸関係に注意が必要です。消化吸収が悪くなり貧血傾向があります。 脾臓が不調ですと、胃腸病、糖尿病を起こしやすく内臓下垂、虚弱体質になりやすいです。
骨格がしっかりしていてのど回りが太く、胸がはっている人は、脾臓の機能は正常です。
脾臓の不調は鼻の突端の色にでます。脾臓の不調の始まりは鼻の突端が赤くなり、他の病気の影響をうけて脾臓が不調になると鼻の上が黄色になります。



  高血圧

Ads by TOK2