Clear Lake High Schoolの詳細


TAKSからEOCへの変更2011

実施されてまだ数年のTAKSですが既に2007Texas Senate Bill 1031により変更予定が決定されています。


2006-2007年入学の高校卒業要件 (2007-08より変更あり)


2007-2008入学での高校卒業要件



2007-08入学者の卒業までの必要単位(単位数は上記の表と同じ)


early graduation 3年計画

CLHSに来てすぐにカウンセラーと立てた卒業までの計画です。全コマ埋めてもESL2コマ取られてしまうので3年間には詰め込めず、サマースクールは全部利用、それでも足らなくてFoundation of Personal Fitness(生涯運動計画みたいなもの)とSpeech (Communicationとも言う、発表技術)は通信教育で取るようになっています。「入り切れないですねー。クリスマスが空いていますからここにFPF入れましょう。」っていう感じでした。「早く10単位取ってTAKSが受けられるようにしましょう。一回で受かるのは難しいから。」 学年としては9, 11, 12年生をすることになります。日本語が単位にできないかどうかいろいろ検討したのですがこの時点ではGeometryAlgebra Iを日本の中学から移行しています。

ESLを抜けられない場合はどうなるのかこの時点ではまだ不明。さらに課目を落とさずに取れるのかも不明。ただ出席をちゃんとして提出物をちゃんと出している限りでは単位は取れるようです。


TAKS

2009年に卒業の高校生はexit level TAKS試験を4課目合格する必要がありました。ESL生で日本から来たばかりの場合に英語(English Language Arts, ELA)に考慮がされるのかどうかが大きな疑問ですが答えは不明。

英語を3回目でようやく通ってやってきた合格通知書


TAKS成績通知書


TAKS成績通知書の凡例


 


日本語試験の結果

CCISD高校の単位としてついておらずTAKS, TELPASと一緒にその他の単位外のものという扱いのおまけ文書になっています。黄色で囲んだのがSAT Subject Test - Japanese(点数で結果がつく)とAP Japanese(結果はレベル判定で最高はレベル5)の結果。


日本の学校への書類請求レター

CLHSから日本の学校(中学)への単位移行のための書類請求書面です。あくまでテキサス流の内容ですね。


Cluster

将来職業分類が強調されていますが、クラス選択の際にはあまり気にすることはありません。たまーに出てくるアドバイザーが違うだけです。


CTE Program (Career and Technology Education Program)

Career Clusterと同じ制度かどうか判然としませんがCTEという制度もCCISD/CLHSにあります。


9thの授業選択例

コースカタログを見るといろいろあるのですが実際はこの表から選べとなっていて9thで取れるコースには普通に中学で授業を取った場合にはあまり選択の幅がありません。Athleticsは体育の授業であるHealth Education/PEと違って日本でのクラブに相当するような活動ですが単位が付与されるもので、参加の前に技能審査があります(審査日は遅いのは年明け)。


Physics BCの区分

日本の中学・高校物理の範囲内にBの内容があり, Cはその先の内容がちょっとある、と考えればよいようです。基礎のPhysicsでは計算を避けています。


BCIS (Business Computer Information Systems)

取る生徒の多いマイクロソフト・オフィスの訓練です。2007年にはWindows XP/Office2003が使われていました。


10thの授業選択例



Algebra 2

pre-APレベルで取ると授業では行列が4x4まで出てきますが、他は二次関数のグラフなどで中学3年生で十分できる内容でしょう。三角関数が範囲にあるのですが実際にはやりません(Pre-Cal回し)。標準レベルクラスの程度はTexas Tech通信教育のサンプル問題で分かります。通信教育だとこのレベルが回答できれば単位が貰えます。


BCIS (Business Computer Information System) I

Microsoft Office 2003の訓練です。提出物をちゃんと出せばA


Spanish I

厳しくない語学授業です。インターネットユーザーの5.8%しかスペイン語を話さないというのは少ない気がします。百万人以上の話者がいるのがニューヨーク、ロスアンジェロス、マイアミ、シカゴとのこと。フロリダでは店員が英語を話すかどうかすぐには分からないのでスペイン語ができないと買い物に不便だという投書もありました。


Social Studies

まず地理から始まります。


US History



Chemistry - regular

 


Chemistry in the community (ELLChemistry)

ELL向けで楽をしようと思ったのですが保護者説明会に行ったらまともな内容の化学じゃなかったのでレギュラーのChemistry変更。


Physics


Physics B


Conceptual Physics

こんなのもあるようです。


2008-2009 AP exam一覧

APクラスは最後に学外のシステムでAP exam (1課目$56) を受けて点数化され大学単位の認定候補になります。受験場所はCLHS校舎。実際に単位に使えるかどうかは大学により基準が異なります(難しい大学では基準が高い)。


APの夏休み宿題


PSAT/NMSQT

SATの準備試験で、詳しいスコアがつきます。

 


日本に帰る高校なし

日本では中高一貫の私立校でしたが1年を超えて休学はできないとのことで退学に。

 


学校に行かずにうろついていると...

CCISDの通知は殆ど英語とスペイン語で来ます。


春休み飲酒の親への警告文


20078月入学からのGPA


実際の成績はこのようにつけられます(20093月)



TAKS Academy

TAKS試験に落ちた生徒対象の夏の補習です。


クラブがありますが参加しなければ関係ないし活動は全般に低調です。


生徒会もあります。普通の子は関係ないようです。


Daisy Day

ROTC (Reserve Officers' Training Corps)はさして盛んではないようですがたまに軍服の子を見かけます。


時間割

カフェテリアの大きさに対し生徒数が多すぎるので3部に分けて昼食を取ります。Late Arrival Dayは職員の会議などの日に使うもの。Pep Rally日はフットボールチームの応援日から由来したPep Rallyのレジャー時間を入れ込んだ日です。


Early College High School (ECHS)

高校のキャンパスに通わず大学に直接通い始めるプログラムがあります。


新入生保護者説明会資料

大学進学のための履歴書に書くボランティアは10thからは記録していないと間に合わないよ、だそうです。


PTA会誌


CLHS通学区


CLHS学校新聞200811


 



実例

標準4年間のところを20069月に9thで入って3年間で卒業したearly graduationの例です。引越しの都合でのearly graduationです。学校ではearly graduationを奨励はしません。大学進学上はゆるいカリキュラムでAを集め、校外活動をした方が有利なためもあるようです。優秀だからといって高校を飛ばして大学へ行くCCISDのプログラムに参加する希望者が多いかというとどうもそうでもないようです。いきなり大学へ行くプログラムは学費の節約の話が沢山出てきます。

27.5クレジットのうち1.0は日本からトランスファーしたAlgebra1を再度履修したためLocal credit 1.0になっています。これはAlgebra2を履修し始めたら英語が難しくて挫折したため。Eng3-Readingはサマースクールで取ったのでGPA計算に入れるaverageは出ていません。これはまだESL/ELLを抜けてはいないけれどもStandard Classを履修できたもの。English4standard classです。EnglishSOLReading 1, 2ESLクラス。Speech (communication) Texas Tech Univ.の通信教育なのでサマースクールと同じくGPAへ算入されず年間平均値がありません。Algebra 1Geometryは日本の中高一貫教育校からの単位認定。Precalculusは通信教育なので平均なし。CalculusStatisticsAPクラスなのでこの校内成績とは別に希望でAP examを学校で受けています。殆どの生徒がAP examも受験。World Historyはサマースクールで平均なし。HealthNight Schoolになっていますが実際はHouston Learning Centerのサマースクール。PE1AFoundation of Personal Fitness, FPFで通信教育のため平均なし。Japaneseは後述のように校外で取っているもののCCISDではついにcreditをつけてはくれませんでした。この点日本人学生は単位取得の能率からもGPSの向上からも大損です。CCISDはできたら避けてHISDSBISD, Katy ISDの方が良さそう。Art1は最初の年の必修になるので英語のペーパー試験(美術史とか)が難しく難物です。BCIS01Microsoft Officeのクラス。

Transcriptにはこの表に加えて2ページめに他のテスト成績が散乱してコピーされています。成績報告の紙を切り抜いて散りばめてあるためカウンセラーと本人以外には理解がかなり困難。同じ試験の結果の重複もあり。成果としては、TAKS-English Language Art/Math/Social Studies/Scienceの点数、SATの点数、Subject SATの点数、AP Japanese examgrade(最大5までで日本で中学終了なら5が取れる)。Spring Branch ISDで取ったJapanese creditはつけてもらえず。加えてTELPASの点数もついています。TAKS-ELA合格よりTELPAS Advanced Highの方が点数が辛いです。

AP Classを取ると学校の単位を取る試験の後に1,2,3,4,5で評価の付くAP ExamCollege Boardにより実施されます。これは任意ですが大学で単位にしてくれるところもあるので受験する生徒が大半。12年生に取ったAP ClassAP Examは卒業寸前なので卒業までに結果報告が出ません。AP Examレポート例とその説明を下記に添付します。卒業直後のTranscriptにつかなかったものがある場合は後で最新版を請求することになる模様です。

サマースクールと通信教育(max2.0)を可能な限り取り、もちろん授業のコマは12年生もすべて埋めてもこの26.5 - 1.0 (単位認定のAlgebra1) = 25.5でいっぱいでした。本当はJapanese単位1.0が加わってしかるべきですが。制度が変わってテキサス州卒業必要単位数が26になりESLの時間が毎日2時限から3時限に増えたのでCCISDでのearly graduationは日本から9年生に来た生徒にはほぼ不可能となったようです。その点ではあまり参考にならないかもしれません。

early graduationを目指した3年間は現地校に加えて日本語補習校に通ったため課外活動はJapan Festivalを除きほぼゼロという大変な高校生活でした。


AP Examレポート例



Ads by TOK2