Space Center Intermediate Schoolの詳細


SCIS Handbook


CCISD Intermediate catalog


時間割

食堂は一度に入れないのでA, B, C3回に分けられています。



校則

欠席については大変にうるさいです。




IDバッジの規程


ESL


Math

先生もカウンセラーも日本の数学学習事情は全く分からないと考えるのが安全で、何も言わないと数学の内容が学習済の低いレベルのクラスに入れられてしまいます。


Pre-APコースの規程例

できない子がPre-APクラスに入ってくるのを防ぐためにうるさい規程があります。


吹奏楽

次の学年のクラス選択は半年前に聞かれます。高校までバンドをするのが親は一番楽かな?

ピアノをしている子はバスーンをするよう誘われます。バスーンは少数で指導が大変なので。SCISではパーカッションと(アルト)サクソフォーンの希望が多いのでこれらを希望すると振り分けトライアルが別の日にあります。フルートの男子は少なくて困るそうです。大きな楽器はたいてい借りています。小さな楽器は買ってしまう方が安いようです。この中高のバンドとオーケストラのために米国の楽器産業が異常に大きいのでは。

プライベイト・レッスンは他の学校の生徒を教えるようです。


6thの準備

6thの準備は中学の準備ですがあまり断絶感はありません。

ESLは2こまになりますので他の子と別になります。


7thのコース選択例

Algebra ITexas Tech ODE通信コースで済ませたので進んでいます。何度も確認しないと普通の選択に直されてしまったりしますので注意。ここでは子供がサイエンスフェアを嫌ってRegular Scienceにしていますが現地で一年経ったらなるべくPre-APにしないと内容が悲惨です。



7thのESL


STAR Mathテスト


STAR Readingテスト


7thの通知票

芸術系の課目を取らないと家庭科(skills for living)とか木工(wood)をします。工作程度は日本と似たようなもの。


Credit By Examで取った単位

成績票がSCSIの成績票とは別になっています。Texas Techの通信教育で単位を取った場合も同じ様式です。CBEの資料はずっと下にあります。


8thの準備

8thになるとPre-APコースなどが入ってくるので考える事が増えます。数学についてもLexile score, TAKS scoreの足切点数が書いてありますが、ちゃんと数学ができている場合はカウンセラーと相談すればあまり関係ありません。数学についてはレベルの高いクラスの方が式が多くて英語ができない場合にはかえって歓迎です(親も)。各教科ともやたらword puzzleが多いのには閉口です。OMEGAコースは日本から来たばかりの場合は該当しないでしょう。target xxというのは学力不足の場合の対策クラスですが、ESLだからといって入れられることはありません。

コース登録は半年前ですが驚くほど間違いが多いのでしっかり点検することが必要です。


8thの時間割

例はこんな感じです。Extraになっているのは時々ホームルーム指導みたいな時間が入るものですが連絡が来るのが主なところです。


8thへの連絡: GPA値変更

高校卒業の総代Valedictorianや次席のSalutatorianになる競争は激しく、Valedictorianを受賞すれば地域の新聞に顔写真が載ります。圧倒的一位のライバルを避けるのに転学することもあるそうで。



World Cultures


PE = fitness 体育

評価は態度のようです。



安全規程


サイエンス・フェア

よほど積極的な子供でないと親が大変。いずれにしろ発表用ボードを会場へ運搬するのには自家用車が必要です。boardは大きいのでスクールバスに乗せてくれません。最後に展示会場に放っておいて自分で回収しないと捨てるそうです。殆どの家庭はちゃんと持ち帰ります。親が展示を見られる時間はあまり長くありません。

科学教材屋にボードはいつでもあるそうです。Lakeshore Teaching Supplies, Baybrook Mall.


Science


8th Science Fair


Band

吹奏楽、オーケストラ、演劇、美術のいずれかを選ぶと高校までクラス選択は楽になりますが行事がいろいろあり親が連れて行かなければならないのと各種の支払いがあります。吹奏楽とオーケストラは先生が他校の生徒の個人レッスンをするようです。


8thの時間割の例

CBEAlgebra Iを済ませたので数学はGeometryになっています。8時間めになっているのは指導授業のある週だけで、普段は上からの7時間授業。印刷では横に二段に同じものが書いてあるのは、学校によっては曜日によって一日の時間割が違うところがあるからです。2007-2008SCISでは毎日時間割は同じ。


Career Connection

進路指導みたいなものが授業科目になっています。ホームルームは中学では実質的にはないので別に授業の形式にして時間を取っているようです。


Geometry

幾何は英語が難しいです。内容としてはこのクラスを終わっても日本の公立高校入試の幾何問題を解けるようにはなりません。


8th Science

サイエンスフェアを避けるのにregular classにしたのに結局やるはめになりました。サイエンスは迷わずPre-APを選びましょう。


CCISD District Science Fair

学校内で各学年部門ごとの3位くらいまでに入ると(部門ごとに参加数が違うので3位とは限らない)CCISD全体の大会に行きます。ただボードとLab Noteを置いておく学校の発表と違い、生徒が2時間椅子で待機していて、回ってくる審査員の質問に答えます。ここで上位に入るとCCISDのホームページに名前が載ります。ただ審査員が父兄などから出るためか発表のお作法のせいか、結果を見ると一部の学校(指導教諭)の受賞に偏っているようです(SCISは取れない方の学校の一つ)Lab Noteなど学校の大会の後にコンピュータで打ち直してあるのが評価が良いようで、本来のサイエンスの姿とは違うので上位を狙うなら発表お作法を事前に学んでおく必要があります。学校での大会の後に内容を追加せよという記述があります。小中ではおもいっきり保護者の手伝いが入っています。読み上げで発表なのですが、受賞者の呼ばれ方などまったく統制が取れてないので最後に紙を見に行かないと受賞したのかどうかも分からないという会。学校の発表の前から同意書だの動物取り扱いの倫理だの書類がいっぱいあって将来の研究費申請の書類作成の訓練にはとても良い機会?


 

US History

日本と同じく歴史は小中高と繰り返し教えます。


Physical Education, PE

現地校のオアシス、PEです。態度さえ良ければ大丈夫。


CBE, Credit by Exam

テストだけで単位が取れる制度があります。無料のCCISDの試験は学期末だけなので学期途中で取りたければTexas Techなどで申し込み有料のCBEを取ることになります。

我が家の例では一回目の日付に申し込んでおいて受験票が来ないから聞きに行かせたらカウンセラーがすっかり忘れていて急遽二回目の日付で受けられました。

 


8thの学年末でのTAKSの状況例


学校で見る映画の親からの許可について


サマースクール


Reader's Theater


サマースクールの欠席は一日しか許されません。

 


学校に行かずにうろついていると...

CCISDの通知は殆ど英語とスペイン語で来ます。


K12Planet


映画を見るのも書類が必要


行事や副教材費用は細々かかります。


学年写真アルバム


プロム

学校によりですが、SCISには卒業プロムがあります。出ない生徒も多い。単身でOK。


サイエンス校

CCISDの中でサイエンスに重点を置いたコースはSeabrook Intermediate Schoolにあります。日本ではスーパーサイエンス校として似たようなものがあります。知人の息子が行っていましたが、内容としては何かとんでもなく高いレベルというわけではありません。本人の関心次第、のようです。


SCIS通学区


Ads by TOK2