クリアレイク地区の水

上下水道の領収証は学校の通学区内居住の証明にも使います。

 ← 普通はここに直接行く必要はありません。

水道水質レポート 前年のが最新版です。郵送でも来ます。


ハリケーン避難

20059月はハリケーンRitaのための避難でヒューストンは大混乱に。風雨の被害がヒューストンでは少なかったのに渋滞の路上で何十時間も過ごした人が多かったことから避難体制の論議が起こりました。

200884日・5日には熱帯低気圧Edouardに備えNASA Johnson Space Centerを始め各組織が早々に一斉に休業。一部水も出たようですが市内は殆ど被害なし。

(The Citizen)  Local governments and businesses, along with the Johnson Space Center, 
had closed Tuesday and cancelled activities ahead of the storm, which threatened to become a hurricane. By the morning, though, residents looked out their windows at the drizzle and some light wind and went about their business.

浸水予測地図

クリアレイク地区でも川の氾濫に割に強いところがあることが分かります。I610の内側でも川の氾濫は広範囲です。

100年に一度ということは長年住んでいるとおそらく起こるということになります。NASA Johnson Space Centerはかなり浸水する予測ですね。

早く開発された地区は浸水の可能性が低いところのようです。

空港は雨に強いのではないかという説がありましたのでHouston Hobby, Houston Intercontinental空港を見て見ると滑走路は確かに若干標高が高いようです。

Hobby空港

Intercontinental 空港(真ん中で白抜けのところ、その次の写真と比較)


ハリケーン避難図

ハリケーンの場合は川の氾濫と違って沿岸であることが主な判断になっているようです。避難Zone A/B/C地区でなくとも川が氾濫すれば浸水する地区が沢山あります。

ハリケーン避難地図


Amateur Radio Emergency Service


 

Ads by TOK2