2000年11月08日(水)

 取れたて日記へ  ホームへ

加速度の測定15

10年前のデータ

 10年前の1990年6月8日に乗ったやまびこ138号のデータとの比較をしてみよう。

これは、新花巻〜北上間の速度の変化の様子である。


これは、北上〜水沢江刺間の速度の変化の様子である。


これは、水沢江刺〜一ノ関間の速度の変化の様子である。



 トップへ  ひとつもどる  つぎへ



走行距離

 10年前に15秒間隔で新花巻から上野まで速度計の表示を記録したときには、この速度のデータから新幹線の走行距離を計算することが目的であった。今回の測定で1秒間隔で速度のデータを得たので、これから走行距離を計算してみて、10年前のデータと比較すると、次の表のようになる。

区 間1990年(15秒間隔)2000年(1秒間隔)実際の値
新花巻〜北上14.5km14.5km14.5km
北上〜水沢江刺16.6km17.2km17.3km
水沢江刺〜一ノ関25.1km25.0kmb25.0km

 速度の変化が10年前と驚くほど似ているのであるから、当然走行距離もほとんどいっしょになっている。


 トップへ  取れたて日記へ  ホームへ


Ads by TOK2