2000年11月26日(日)

 取れたて日記へ  ホームへ

東北数教協研究大会

研究会へ行こう


 11月25日(土)26日(日)の2日間、秋田市で開催された東北数学教育協議会の研究大会に行ってきた。東北各県の数教協会員が集まる。朝8時、岩手大学教育学部前に集合した7人は、下町先生、伊藤先生の自動車に分乗して秋田に向かうことになった。


 伊藤先生の自動車は、買ったばかりの新車であり、カーナヴィがついている。会場である秋田市の千秋会館がデータの中にないので電話番号で目的地を指定して出発する。


 左から、O1先生、O2先生、小宮山先生、下町先生、伊藤先生、遠山先生。私は撮影者なので写っていない。



 トップへ  つぎへ


カーナヴィ

 カーナヴィはよくできている。ハンドルを切ると画面の地図も回転し、常に進行方向が上になるようになっている。目的地を指定すると取るべき道路の色が変わる。カーナヴィがなければ今渡っている橋の下の川の名前や、向こうに見える山の名前など意識に上ることはないのだろうが、画面にそういう情報もどんどん出てくる。コンビにの位置まで表示されている。

 画面には目的地までの距離と予定到着時刻が表示されている。8時出発した。到着予定時刻は11時30分。う〜ん・・・。これはまずい。11時から「講座」が始まる。そしてその講座で話をするのは私なのである。

 市街地を走っているときには信号待ちとかで、平均速度が小さいのであろう。市街地を抜けて順調に走り出すと、予定到着時刻は11時15分となり、11時5分となり、とうとう10時45分までになった。

 そして秋田市内に入る。ナビゲーションの通りに進んでいく。大きな通りを走っていると、「目的地に到着しました。ナヴィゲーションを終了します。」という女性の声でカーナビが知らせる。そこは秋田市役所前。自動車に乗っている全員が、目的地の千秋会館の地図を持っていない。近くの日本放送協会に入って道を訊くと、なんと住宅地図を何枚もコピーしてくれて丁寧に教えてくれる。なんとか会場に着いたのは11時15分。遅刻である。最初の予定到着時刻は正しかった。カーナヴィはすごいなあ。

 「講座」では、私の最近やっている「加速度計の製作と測定」について話をした。そのためにこれまでに作った加速度計のかずかずや、測定に使用したヴィデオやヴィデオプロジェクターなど、小道具の数々もあり、荷物がいっぱいあった。みんなに手伝ってもらって、準備を整えて、話を開始したのは11時30分。30分も遅刻してしまった。みなさん、ごめんなさい。

 遠く福島からの参加者は朝5時に起きて駆けつけてくれているのに、隣の岩手県からの一行が遅刻してしまって・・・

      11時    講座「加速度をめぐる冒険」 岩手 宮本  (高校)
     13時30分 校種別分科会 講座への質問&自主レポート
     15時30分 全体講演
              世界から見た日本の数学教育の現状と課題
                大妻女子大学教授 野 崎 昭 弘 先生
     17時30分 教具展      19時30分 夕食・交流会
  26日 9時    校種別分科会 自主レポート
     11時45分 閉会
     12時    東北地区数学教育協議会総会



 トップへ  つぎへ


自主レポート


 この大会で集まったレポートは6本。
  1 中村先生 東北数教協委員長   正弦定理の歌       (青森)
  2 七海先生 東北数教協副委員長 整数の記法と整式     (福島)
  3 下町先生               音楽&数学らんど     (岩手)
  4 宮本先生               空間座標の模型      (岩手)
  5 森 先生               剰余類とダイヤモンドカット(福島)
  6 伊藤先生        研究局長 ヒポクラテスの月     (岩手)


 トップへ  つぎへ


教具展







 左から3人目は野崎先生


 夕食までのひとときを、名物教具展で過ごす。自慢の教具や面白いものがずらりとならぶ。


 トップへ  つぎへ


いいもの見つけた!

 鳴子のこけしつくり職人さんに、木で半球を作ってもらってこまにしたもの。これに紐をまきつける。球面部分にまきつけた紐と断面部分にまきつけた紐の長さをくらべると、球の表面積が4πr2であることがわかる。


 木片の一方を紐でつなげたもの。ねぷた祭りで使う楽器の一種。でもこれでメビウスの帯ができる。



 トップへ  つぎへ


私は・・・

 Craneさんのホームページで教えてもらった「レーザービームで2次曲線」の紹介をした。左の写真の右は下町先生。左の写真は野崎先生がレーザーポインターで2次曲線をができるのを見ている様子。


 イギリスのコインを展示したところ、下町先生がドイツの貨幣を。ガウスが描かれ、バックには数学の記述がある。日本とはえらいちがいだな。



 トップへ  つぎへ


かえりみち

 かえりみち、途中のドライブインでジャンボラーメンを食べる。みんなでソフトクリームを食べる。



 無事盛岡まで帰ってきた。終点の岩手大学教育学部前で記念撮影。

 左から、下町、小宮山、伊藤、宮本、遠山、O2、O1

 写真を撮影した下川原先生は写っていません。なお、このページの写真は下川原先生提供である。私のデジカメが故障してしまったのであった。


 トップへ  取れたて日記へ  ホームへ


Ads by TOK2