2001年6月17日(日)

 取れたて日記へ  ホームへ

POV-Rayを始めよう!その6

ブロブオブジェクト( Blob Object )

ブロブ( Blob )とは

 Blobとは、インクのしみや、ぼんやりし形のものを指すのだそうだ。Pov−Rayの中では、次のようなものとして定義される。

 見えない力のフィールドで、それはある強度で始まり、与えられた半径でゼロまで滑らかに減衰する。このことを説明するために、次のシーンファイルで画像生成してみよう。


#include "colors.inc"  
camera{  
 angle 15  
 location <0,2,-10>  
 look_at <0,0,0>  
}  
light_source{<10,20,-10> color White}  
blob {  
  threahold .95 //閾値 Blobが見えるようになる全強度値
  sphere{ <0,0,0>,.8,1 pigment{Blue}} //フィールド半径0.8の球の中に存在する
  finish { phong 1 }  
 }  
  sphere { <0,0,0>, .1 pigment {Yellow transmit .97} } //半径0.1の球面
  sphere { <0,0,0>, .3 pigment {Yellow transmit .97} } //変形0.3の球面
  sphere { <0,0,0>, .5 pigment {Yellow transmit .97} } //半径0.5の球面
  sphere { <0,0,0>, .7 pigment {Yellow transmit .97} } //半径0.7の球面
  sphere { <0,0,0>, .9 pigment {Yellow transmit .97} } //半径0.9の球面


 トップへ  つぎへ


閾値( threshold )を変えてみる



 閾値( threshold )の値は、0.95 → 0.75 → 0.55 → 0.35 → 0.15 → 0.05 と変える。Blob のフィールドは原点中心、半径 0.8 の球の内部にある。しかし、その中の閾値の値以下の部分は見えなくなっている。閾値以上のフィールドが青くなっている。これだけでは球Object と何の区別もつかない。

 ブロブがブロブらしく振舞うのは、複数のコンポーネントが互いに影響しあうときである。



 もどる  つぎへ


円柱( Cylinder Object )


#include "colors.inc"  
camera{  
 angle 15  
 location <0,2,-10>  
 look_at <0,0,0>  
}  
light_source{<10,20,-10> color White}  
blob {  
  threahold .65 //閾値 Blobが見えるようになる全強度値
  sphere{ <-0.5,0,0>,.8,1 pigment{Pink}} //
  sphere{ <0.5,0,0>,.8,1 pigment{Blue}} //
  finish { phong 1 }  
 }  
  sphere { <-0.5,0,0>, .8 pigment {Yellow transmit .75} } //
  sphere { <0.5,0,0>, .3 pigment {Green transmit .75} } //

 透明な球は、Blobのフィールドが存在する範囲である。そのフィールドの中の閾値( threshold )が 0.65 以下の部分が見えている。二つのBlobの間には二つのフィールドが重なる部分があって、この部分ではお互いのフィールドが加算されて強くなっているので閾値を越えて目に見えるようになる。このようにして二つの球状のBlobは、お互いの相互作用でフィールドを強め合ってつながってしまう。



 もどる  つぎへ


Blob Object を使って



 Blob Object は球形のものだけではない。円柱と球を組み合わせたテトラポッドのような物体を作ってみた。


 トップへ  取れたて日記へ  ホームへ


Ads by TOK2