2001年8月8日(水)

 取れたて日記へ  ホームへ

POV-Rayを始めよう!その7


ルーローの四面体をPov-Rayでつくる


ルーローの三角形



 正三角形のひとつ頂点を中心とし、半径が正三角形の1辺の長さとなる円を描く。これを各頂点についてやると、上のようなルーローの三角形とよばれる図形ができる。一つの頂点から向かい合う辺を弦とする弧の上の点との距離は、いつも一定になっている。したがって、このルーローの三角形はどこで幅を計っても常に一定になっている。

 この「ルーローの三角形」を空間の場合に拡張するとどういう立体ができるだろうか。

 おそらく正4面体の各頂点を中心とし、半径が正四面体の1辺の長さとなる球を描く。これら4つの球の共通部分となる立体を考えると、ルーローの三角形と同様に、空間の中で等幅(ふたつの平行な平面の間をすれすれで動ける)となっていると考えられる。これがおそらく最も自然な空間への拡張であろう。


 トップへ  つぎへ


Pov-Rayで作る

 4本の細長い円柱で正四面体を作る。正4面体の奥の頂点を中心とし、正四面体の1辺を半径とする黄色い球を描いた。この球は透き通る黄色の大きな球である。この球面によってできる一つの面を黄色で、他の3つの面はオレンジ色に塗ってあるのが、問題のルーローの4面体である。




 もどる  つぎへ


いろいろな角度から見る


 



 もどる  つぎへ


ルーローの4面体



 


 トップへ  取れたて日記へ  ホームへ


Ads by TOK2