1999年 9月 5日(日)その2

取れたて日記  ホームへ

文化祭(2)

13日の金曜日、真夜中のあわせ鏡

 13日の金曜日午前0時に合わせ鏡をすると、鏡の中から悪魔が飛び出す という。そして、鏡に映る13枚目には、悪魔の姿が・・・

 盛岡にある子供科学館では、鏡を2枚向かい合わせて置いてある展示がある。 鏡と鏡の間に入ってみると、前の鏡に自分の姿が映り、その像が後ろの鏡に映る。 後ろに移った像が、また、前の鏡に映っていき、それが無限に続く。

 実際には、1回反射するたびに、光が減衰していき、 だんだん暗い像になっていく。 だから、13枚目の鏡に映っている像は、なにやらぼんやりとしていて よくわからない。

万華鏡

 子供のころに作った万華鏡は、3枚の鏡で三角柱を作る。内側に鏡面が くるようにする。なかには、何かを入れると、鏡に反射して対称性のある きれいな模様ができる。鏡が対称線になっている。くるくる回すと、中のものが 動いて模様も変化する。対称性のある模様と対称性のある動きがおもしろい。

多面体万華鏡

 逆に、対称性のあるものを、万華鏡の像として作ることはできないだろうか。 そう考えて作ったものがこの「多面体万華鏡」である。



鏡面が内側になるように三角錐をつくる。 三角錐の先端に写真で見るように鏡面を取ってスリットをいれる。 これによって、外の光が内側に入る。


これは、正20面体が見えている。

 この万華鏡の三角錐の頂点は、正20面体の中心であり、 スリットは、正20面体の面である正三角形の3辺になるように つくってある。正三角形の辺と正20面体の中心を通る面が、 対称面になっているのだ。

 5つある正多面体について、うまく鏡面が対称面になるように 計算して作ってみる。


 計算して作ってみて、思い通りの像が見えるのがうれしい。

 取れたて日記へ  ホームへ

Ads by TOK2