仙台短紀行


2007/9/5

 仕事あけてそのまま新宿駅へ。台風接近の余波ですでに降雨が始まっている。取り敢えずスイカにチャージしつつ・・・・・・そのままグリーン券購入

  新宿→宇都宮:サロE230−1041 4610E 快速「宇都宮」


 いきなりグリーンだぜ。だって座れないとヤダもん。ただでさえE231になってクロスシート少なくなってんだから・・・
 朝方、赤羽で線路内人立ち入りがあったとかで、埼京線は45分遅れとか・・・湘南新宿も影響が出ているかと思いきや、乗車列車は遅れも無く新宿駅を発車。

 新宿で購入した鳥めしを喰う。腹が減ってはなんとやら。終着地はまだまだ遠い。

  宇都宮→宝積寺:サハ211−1019 12:13発 1553M 普通「黒磯」

 211系5連。オールクロスシート。211はクロスシート車が優先使用されているようでなにより、但し、231の運用もありこちらはオールロングの編成もあるので油断できない。
<岡本>
 北西へ別れて行く線路敷きが見える。こんなところに廃線跡あったかな?と思い調べてみるに・・・
 日光製紙、現在の高崎製紙の工場への引込み線跡らしい。緑道化されているので辿りやすそうだが、逆に言うと整備されてしまっているので発見は少ないかと・・・
<宝積寺>
 今回は烏山線を片付けてしまおうと思う。こんな時でもないと、また次にいつ来るか解らないので

 宝積寺で発車待ちするキハ40 1008。このスジは2連であった。

 烏山方のキハ40 1004。こちらに乗車した。側線には予備の車両が待機している。全てがキハ40で他系列や48や47は全くいない。車両的に面白みが無いのも、来訪を遠ざけていた要因かと考える。でも、良く考えると首都圏、関東圏でキハ40に乗れるのってもうここだけなんだよね。そうやって考えると貴重な線区でもある。ちなみに、うきは的にはこのカラーリングは嫌いではない。

  宝積寺→烏山:キハ40 1004 12:37発 335D 普通「烏山」

 2両連結されているので乗客収容力は十分。むしろ過剰なくらい。ドア間完全ロングシートに改造されているのがここのキハ40の特徴。乗客が少なければ本当にがらんどうに見えるだろうね。
 宝積寺を出ると東北本線とすぐにそっぽを向くように離れる。掘割の中を下ってゆくと、すぐに田園風景の中に飛び出した。
 あれ・・・・・・結構、ロケーション良いんじゃない??
 烏山線の評価が1上がった。

<仁井田>
 宇都宮方から廃線跡が寄ってくる。まだ赤茶色の鉄が染み込んだままの道床が残っている。烏山線の線路脇に建っている麒麟麦酒の工場への引込み線跡だったようだ。僅かな区間だが、朽ちた車止めコンクリの橋梁、踏み切り警報板ありと、なかなか濃密な廃線跡だ。機会があれば訪れてみよう。
 烏山線の評価が1つ上がった。
<大金>
 沿線唯一の交換可能駅。ピカピカのキハ40 1005と交換。あちらは単行だ。しかも、スタフ閉塞かよ!?
 烏山線の評価がまた1つ上がった。
<烏山>
 早起きだった所為もあり、うつらうつらしていたら終点に。

 烏山に到着したキハ40 1004以下2連。駅舎側のホームに到着。向かい側にもう一本ホームがあるが、レールの踏面はさび付いているし、道床のやせ具合から暫く使われていないようだ。
 線路は複線のまま数百メートル先まで続いており、合流した後、終点となっている。

 折返しまで30分近くあるので駅前へ出てみる。ローカル線ながら広い駅前ロータリー。バス車庫も併設されている。関東にもこうしたローカル色豊かな駅舎がまだ残っていたか・・・・・・

 バス車庫の脇には不要になったバス停がずらり・・・新旧いろいろなタイプが一同に。一瞬、目を疑う光景。一体どれがこの場所の停留所なのか???

 臨時改札のラッチの上には蛙の置物。無事カエル。まだ出発したばかりだけど・・・

 烏山線は東北本線のルート策定やら、真岡方面の延伸やら、その在り方がいろいろと曲折された路線でもある。駅のかなり先まで路盤が続いていることからもかなり本気で延伸を考えていたのではないかと思える。
 ただ単に、この街まで鉄道を敷きたかっただけであればこの終わり方は不自然以外の何者でもない・・・この駅名票の右側にも、もしかしたら駅名が刻まれていたのかもしれない・・・

 駅前をプラプラ。暑さに耐えかねて、駅舎の軒先でタバコを吸っていると、運転士さんがやってきてタバコに火をつけた。
 地方に来ると良くあることで、タバコを吸いながら雑談をする。
 聞くと、烏山に来て1年半くらいだという、前は東所沢にいたそうだ。武蔵野の103系や201系のハンドルを握っていたそうで、懐かしいですね〜と会話に花が咲く。
 まぁ、うきはの正体をばらしつつ、お話しを伺ったが、JRも内情は苦しいらしい。いろいろと業界の話なので書くわけにはいかないが・・・

  烏山→宝積寺:キハ40 1008 13:38発 338D 普通「宇都宮」

 今度の列車は宇都宮まで直通する。
<滝>

 烏山の隣駅。
 烏山線は駅数7。宝積寺や大金など縁起の良い駅名があることから、七福神になぞられて愛称が付与されている。
 ここ滝駅は弁財天。
<大金>
 
 交換待ち。プチ下車。

 大金は大黒天。うん。確かにそんなイメージだ。
<宝積寺>

 再び宝積寺。ここから更に東北本線北上。

  宝積寺→黒磯:モハ210−1010 14:31発 1565M 普通「黒磯」

<黒磯>
 交直切り替え駅。必ず降りる駅。なにか面白いものがいないかぐるぐる見回す駅。
 今日はぶどう色一色のEF65 57号機がEF66やら65、1000番台機の中に埋もれていた。

 側線に留置されるEF210−116。パンタも下がっているし、運用に就く様子は無い。
 まもなく、5番線に入線のアナウンス。乗車予定の電車は4番に入るはず。見ると、郡山方からヘッドライトの明かりが近付いてくる。何が来るかと思いきや。 

 試運転表示だしたピカピカの411系1500番台。クハ411−1622。郡山工場の出場車だろう。黒磯に常磐カラーの車両は異様だ!!
 綺麗な足回りだな〜とか、じろじろ見ていると今度は宇都宮方から電機が進入。

 ロクゴの1000番代、1167号機である。こりゃ、交流機への付け替えが見えるかな〜?とか期待しちゃう。
 ・・・・・・・あれ?貨物じゃねーじゃん。何牽いてんのこれ??

 おいおい、マジですか!?キハ37だよ。キハ37 2だよ!!黒磯に久留里カラーの気動車とかマジ異様。

 しかも付け替えた交流機はED75の700番台だよ。759号機だよ。てゆうか、そもそもなんで700番台が黒磯にいるの!?こいつの牽引のために送り込まれたとしか考えられないじゃん。
 いや〜思いも掛けずに良い物が見れた。

 本日の15時から15時半。黒磯界隈、マジ混沌・・・


 黒磯からは新鋭E721。クモハE721−4。

  黒磯→福島:クモハE721−4 15:34発 2143M 普通「福島」

 福島までのロングラン運用。でも、ちょっと前まで黒磯発一ノ関行きとかいうとんでもないスジもあったよなぁ・・・
<郡山>
 455あかべぇ。解体される415。工場には485のはくつるカラー。455系後継の磐越西線719系はなんだか変な色になったなぁ・・・
 混んだり空いたりを繰り返して福島。雲行きはますます怪しい・・・

 予定では阿武隈急行線に乗り換えて槻木を目指す予定だったが・・・・・・・
 ぶっちゃけめんどくさくなった。目の前に仙台行きが停まってて、クロスシートの719系で、しかも進行方向窓側が空いてて・・・・・・
 つまり、そのまま東北本線北上と言うわけだ。

  福島→仙台:クモハ719−38 17:35発 585M 普通「仙台」

<仙台>

 仙台に到着した585Mクモハ719−38。折り返し黒磯行きになった。これに乗れば黒磯まで帰れる・・・・・ちなみに黒磯到着は22:21だ。

  本日は仙台泊。雨が止んでいる間にさっさとホテルに行こう。


 9/6

 明けて6日。台風接近にビクビクしながら宿を出る。

 まずは仙石線あおば通駅へ。


 小鶴新田まで乗車した643Sのクハ204−3116。

  あおば通→小鶴新田:モハ204−3116 6:07発 643S 普通「東塩釜」

 今のところ、雨は降っていない・・・
<小鶴新田>

 仙台に住んでいた頃にはなかった駅だ。

  小鶴新田→あおば通:モハ102−499 6:24発 674S 普通「あおば通」

 来たよ103系。JR東日本唯一の103系。シングルアームパンタ2連装の103系。

 モハ102−499車内。窓が大型のドアに換装されている。シートモケットは山手205系仕様。でも一人分ずつの区切りが縫いこまれている。側窓の下段は嵌め込みに改造されている。
 いや〜久々にDT33の快音を聞いたよ。皆様にお聞かせできないのが残念です。なんせ、MP3忘れた・・・orz
<あおば通>

 あおば通に到着した東日本唯一の103系、RT235編成。

 いろいろ撮っちゃうよ。上写真のTc、クハ103−236。

 うん。103系っぽい。

  あおば通→西塩釜:クハ204−3111 6:42発 623S 普通「石巻」

 例の103系を狙うべく、再び下り電車に乗車。
<西塩釜>
 
 やってきたのは西塩釜。乗って来たクハ204−3111を。

 仙石線の築堤の下には廃止された塩釜港への貨物線跡が続いている。

 貨物線跡は仙石線に沿って続いている。写真奥が塩釜港方面。

 丘を切り崩して無理矢理駅を作った感じ?お陰でホームの屋根はコンクリで固めた丘の一部だよ。

 練習。東塩釜行きの649S、クハ205−3104。

 649S、クハ204−3104。

 そしてやってきたRT235編成。クハ103−236。
 ちなみに進入時はEOSで連写していたので掲載できる写真は現在無し。

  西塩釜→仙台:モハ204−3103 7:30発 742S 普通「あおば通」

 仙台到着時に不穏なアナウンスが・・・
「東北本線は白石〜藤田間でバス代行を行っている模様です・・・
 うぼぁ!?
 早くも影響が出たか!?

 というわけで、実は快速南三陸乗って気仙沼まで出て、大船渡線も乗るつもりだったんだけど、常磐線南下して帰る事に方針転換
 東北本線は白石〜越河間の線路冠水による砕石流出とのことだ。7:44発の小牛田行きはきっちり30分遅れてやってきた。このままだと午後にはもっとダイヤは乱れそうだし、やはり気仙沼は行かないほうが良さそうだ
 丁度いい時間に455系の運用があるし、そっちにシフトしようか

 それでも時間がちょいとあるので太子堂まで行って見ようかと

  仙台→太子堂:クハE720-33 8:38発 230M 普通「山下」


 仙台で発車を待つクハE720-33以下の4連。常磐線にもE721が入るようになったか・・・
<太子堂>

 3月の改正でオープンした新駅。こないだこれなかったので・・・
 原ノ町からの455系をここで待とうと思っていたら、やってきた仙台行きが717系だったので1駅戻ることに

  太子堂→長町:クハ716−5 8:51発 1433M 普通「仙台」

<長町>
 
 クハ717−5。これもじきに無くなる・・・

 さらにまた南へ・・・

  長町→南仙台:SAT720−101 9:06発 1314M 普通「仙台空港」

 仙台空港鉄道の車両。混んでるのに2両か・・・
<南仙台>
 
 南仙台まで乗車のSAT720−101。南仙台も久々だなぁ・・・
 跨線橋渡って反対側のホームへ。どうやらお目当ての列車は退避線に入るようだ

 来たよ〜455系。6連。

 クハ455−405。スーパーひたちの通過待ち。小休止。

 サボとか撮ってみたりして。

× 南仙台→仙台:クハ455−405 9:28発 235M 普通「仙台」

 デッキで、最後の東北急行型電車の旅を・・・
<南仙台〜太子堂>

 結構、良く見えるんだよね。
<仙台>
  
 後ろ側3両。455系かと思っていたら457系だった。
  
 前側3両は455系。

 クモハ455−19。角型ライトケース更新なのが残念・・・

 良いね。この並んだユニット窓が急行型の正しい姿だよね。

 反対側のホームからクハ455−405。

 前頭部側面アップ。これもクハ455−405。この辺は資料的。

 モハ456−12。

 連結部。左がクハ455、右がクモハ457。運転台の関係から左右でデザインが違う。

 クハ455−19。
 このあと雨脚が強まって、結局、そのまま新幹線で帰っちゃうことに。

  仙台→東京:E326−23 10:26発 こまち8号「東京」 12号車16B

Ads by TOK2