房総周遊紀行


<2010/8/7>
 青春18切符が余ったので近場で地道に未乗線区を埋めようかと・・・

  東京→安房鴨川:モハE257−502 11:00発 57M 特急わかしお7号「安房鴨川」 3号車13D 自由席

 指定を取ろうと思ったが満席だった・・・orz
 房総特急がE257系化されてからは初めてだな。最後に乗ったのは法事のときに総武本線八街から新宿まで乗った「しおさい」だった。もう5〜6年前だろうか?当時はまだ183だったね
 夏休みでかつ、休日だし外房へ向かう列車なので混雑しており、ほぼ満席。早めに並んでいたから窓側に席を確保できたが、ぎりぎりで飛び込んだら上総一ノ宮あたりまでたちんぼだったぞ
 明らかにネズミーランドに行くと思われるお姉ちゃん達が乗っているが、あんたらこんなの乗っちゃうとえらい遠くまで連れて行かれちゃうよ?ちなみに次の停車駅は海浜幕張である。舞浜?すっ飛ばすに決まってるでしょう?南無三
 蘇我で若干降りて、もっと乗ってきて、大網からは降りてゆく方にシフト
 茂原、上総一ノ宮と下車が続き、勝浦で殆どが下車
 
 勝浦からは普通列車で、列車番号も5257Mとなる。特急形5両編成の豪華な普通列車だ。奥に停まっている113系は臨時快速の「白い砂」
 9分停車プチ下車一服。普通列車に格下げされても、車販は乗ってゆくようだ
 勝浦から30分ほどかけて安房鴨川に到着

  安房鴨川→九重:クハ210−3046 13:13発 188M 普通「千葉」

 209ならクロスシート付いてたのだが、211では・・・
<江見>
 
 交換待ち。4分停車プチ下車一服

 青空、緑の山・・・隣の県なのに遠くに来た感じがするねぇ・・・いや、実際房総半島の先っぽは遠いんだけどさ。時間的距離なら大阪の方が近い

 交換の列車は209だった。少しずつだが、確実に増えている
 千倉まで乗って房総半島一周。だが千倉は降りたことがあるので、一駅先の九重まで行ってみる
<九重>
 
 駅舎というか・・・・・・・待合室だけの駅。綺麗なのは良いことだ
 15分ほど待って安房鴨川行きに乗る。さっきの列車に乗っていれば千葉まで連れて行ってくれて、そのまま房総半島一周できるが、いったんもと来た道を戻る

  九重→安房鴨川:クハ209−2127 14:06発 171M 普通「安房鴨川」

 車内殆ど無改造で投入された211と異なり、209は元が通勤電車と言うこともあり近郊型改造されている。その最たるものが先頭車のクロスシート化とトイレの設置である。形式的には211の方が○。車内設備的には209が○。211がクロスシートなら言うこと無かった。東北、高崎筋の211には全車両クロスシートの編成もあるが、このあたりは中央東線に投入されそうなので、房総には来ないだろう
 もと来た道を淡々と戻り、安房鴨川へ
 ここで、鉄道を捨てる。千葉行きの「バス」に乗り換え。JR駅前はどうも大型バスが入り込んでくる気配が無かったので、反対側に・・・
 ゆくと、バス停にはすごい人の列。行き先を確認するが懸念が一点。まもなく乗るべき千葉行きのバスがやってきたが、どうしたことか列は全然動かない
 さっさと列を抜け出してバスに乗り込む。ほぼ同じ時間に東京行きの高速バスもあり、殆どがこちらの乗客なのだ。列車を使うよりも早いということかな?
 しかし紛らわしいので完全にバス停を分けるとかすれば良いのに。誤乗や乗り遅れもあるだろう(実際当該バスであった)

○ 鴨川駅→笹:千葉中央交通カピーナ号 14:50発 「千葉駅」

 亀山藤林大橋で降りるつもりだったが、本日は亀山湖花火大会開催で通行規制がされているためにルート変更だそうだ。元々たどったことの無いルートを歩く上に、さらに予想外の地点から歩く羽目に

 笹バス停。よもやこんなところで放り出されるとは思っても見なかったので予備知識は皆無だ。付近を車で走り回ったことがあるので、そこまで出られれば目的地もわかる。藤林大橋までは10分だか15分だかと運ちゃんが言っていたのでそう遠くは無いだろう。というか、こんな辺鄙なところで3人も降りたのだし、残る二人も同業と見て間違いはないだろうwwwwww
 なんとなくそれっぽい方角への道を選び進んでゆくと、まもなく駅への道標が現れ一安心。しばらくすると見覚えのある道に到達してこれで間違いないと確信

 亀山ダムから亀山湖を見る。この湖上で花火大会が開催されるようで、付近にはすでに観光客や地元の人、警察や消防と大勢の人々が行き来している。一年で一番大きなお祭りと見て良いだろう
 この写真で見るとあまり大きな湖とは思えないが、狭い谷戸が幾筋も奥へ奥へと進み分かれているのでかなりの貯水量はあるはずだ

 放流中

 見ての通りにそんなに深い谷ではない
 亀山ダムまで来れば後は概ね判る

 まもなく、駅の終端を回りこんで、

 上総亀山駅に到着。千葉県内ではもっとも高所に位置している駅。多客のために掛員も多い。発車まではまだ時間があるが、列車は据え付けられているので構内へ

 キハ37と38の2連。キハ37は初めて。久留里線はキハ30、37、38と全ての車両がJR線上ではここだけのものとなっている
 キハ30が国鉄標準色に復元されて話題を呼んだが、併せてキハ37も首都圏色とかにしてくれると嬉しい

  上総亀山→木更津:キハ37−1002 16:01発 942D 普通「木更津」

 久々にキハ30にも乗りたかったが、初乗りの37で満足。この時期だし、冷房付きはやはり有難い
 木更津まで乗りとおして久留里線完乗。これで千葉県下のJR線は佐原〜松岸間の成田線だけが未乗で残る
<木更津>

 奥にはキハ30

 入れ換えのキハ38。夏場の日中は冷房車が主流だな

 標準色に戻されたキハ30を望遠で。現在、所属のキハ30はみな国鉄色に戻されている。キハ38までソレにする必要は無いと思うけど、キハ37はこの流れに乗せてくれても良いと思う。そういや、烏山のキハ40も首都圏色になったと聞くし

 東京方面直通の快速を見送り、始発の普通列車を待つ。堂々の113系8連

  木更津→千葉:モハ113−2113 17:31発 1122M 普通「千葉」

  殆ど暮れ切った千葉に到着。京成千葉まで歩く。目の前にあるのに、JR千葉との隆盛の差はなんだ??

  京成千葉→ちはら台:3831 18:21発 普通「ちはら台」
  
 行きがけの駄賃に千葉線、ちはら線も乗っておく
<ちはら台>
 
 ちはら台に到着

 線路はまだ先に延びているが・・・おそらくこの先に電車が走ることは無いだろう。海士有木までの延伸は計画されているが、工事はともかく具体的な計画そのものが進展を見ない
 乗ってきた電車で千葉へ戻る

  ちはら台→千葉中央:3832 18:47発 普通「京成津田沼」

 津田沼まで乗っても良かったが、千葉中央の側線に3300が見えたので次の始発はコレと見て下車

 千葉中央で発車待ちの3304。少なくなってきているみたいだし、乗れるときに乗っておこうと

○ 千葉中央→京成津田沼:3304 19:16発 普通「京成津田沼」
   京成津田沼→京成船橋:3324 19:34発 普通「上野」


 船橋まで乗った3324Fは赤電塗装だった

  船橋→東京:モハE216−2016 19:50発 1816F 快速「東京」

 東京からは中央線で帰宅
 千葉県の未乗線区もだいぶ少なくなった・・・・・・・かも?

 了

Ads by TOK2