忘夏神姫紀行


<2013/9/6>

 色々魔がさした自覚はあるが、久々の遠出に勇躍職場を飛び出し羽田へと向かった次第である

 ちょっと飛行機乗りたいなと、「数日前」に思い立ったわけだが。そうなると早期購入割引の悉くが使えない時期に来ている。使えるのは1日前まで購入の割引か往復割引くらい。となると、必然近場になるわけで・・・勤務明けで出かけて短期で成果が見込める所。そうなると大阪便であり関西地区にほぼ絞られるわけだ

 B787−8、JA803A。搭乗する伊丹行25便は先行量産機であった。1月に飛行停止になり、5月末に復帰して以降初、都合これが4度目のドリームライナーのフライトとなる

 HND→ITM:JA803A B787−8 NH025 13:00発 24K

 順番からすると、801、802に続く3番目の機体となるが、実際にANAのデリバリーされたのは2012年8月下旬。初号機到着からほぼ1年後であり、812Aに続いてのデリバリーとなる。803Aの到着を以って、801〜812までが連番で揃い、以降813、814と続いてゆく
 間が空いたのには理由がある。803のラインナンバーはLN07。このラインナンバーは実際に製造されてきた順番である。01〜06まではボーイングのテスト機と言うのが実態だ。これらは一般商用運航にも供することが出来たが、量産機よりも性能が劣るということでエアラインが拒否した結果、既にリタイアした機体すらある。そういうわけで、LN07/JA803Aは先行量産機という形でリリースされたが、実際に商用飛行にあたり改修が必要になり、ラインデビューがここまでずれ込んだというわけである


 久々の787によるフライト。大阪なんかあっという間だけどねw
 やはりアプローチでえらい揺さぶられてランディング。787の特性だろうか?
 787ってタッチダウン時、エルロン、フラッペロンが全部グランドスポイラーになるのな!驚き!!

  大阪空港→蛍池:2111 14:23発 「門真市」
  蛍池→十三:5106 14:31発 急行「梅田」


 十三にて5106。新車はともかく、在来車までスカート設置とおでこのクリーム塗装化が進んでいるので、こうしたクリーンな阪急顔を拝めるのもそう長くも無いのかも。方向板つきも積極的に撮っておきたい次第。今回は無理だけどw

  十三→高速神戸:7627 14:42発 特急「新開地」

 神戸線久しぶり。何年か前に御影の弓弦羽神社に行って以来かなぁ

  高速神戸→大塩:8212 15:12発 直通特急「山陽姫路」

 山陽は殆ど乗らない。同区間は明らかに新快速が速いし、はまかぜやはくとでスキップしちゃう。山陽もたまに乗るとおもしr・・・・・・・ぐぅzzz
<東二見>
 2000とか残っているんだな。アレ、外から撮れるようなら今度来て見るかな
<大塩>

 各駅停車に乗換え。3634F

  大塩→白浜の宮:3534 15:12発 普通「山陽姫路」

<白浜の宮>

 途中下車!

 駅を出て、西へ。街道を辿り、住宅地に分け入り、小高い山の麓に

 桜大刀自神社。「さくらおおとじ」と読む。この神様を祀る神社は全国でも数少なく、その名を冠するものはおよそここ以外に知らない。というか、たまたま偶然に見つけたので今回立ち寄ってみることにしたのだ

 では「桜大刀自」とはなんなのか?多くの皆さんが知っている神様である。オオヤマツミの娘。姉はイワナガヒメ・・・そう、コノハナサクヤヒメである
 以前、このときにその名前を知って以来、初めて具体的にこの神様に接近できた。まぁ咲夜姫なんだけどさ・・・

 稀有な存在のわりには境内も社も小さな神社であった。お参りして退散

 白浜の宮までぽてぽて戻る

  白浜の宮→山陽姫路:3032 16:31発 普通「山陽姫路」


 姫路に到着。3032

 本日は駅傍のAPAホテルに投宿。姫路モノレールの廃線跡、大将軍駅跡とか見に行こうと思ったけど、もう疲れたから良いやぁ。明日の朝にしよう


9/7

 雨である・・・orz
 姫路モノレール云々はまた次回

○ 姫路駅北口→アスティアかさい 8:35発 神姫バス 61系統「北条」

 一発目はバスでございます。1時間ほど掛けて北東へと進む。大通りから裏街道、集落の小道と目まぐるしく変化のある車窓。バスの旅も好きである
<北条町>

 アスティアかさいが北条町の最寄バス停。なんで「北条町駅」とかにしないのか不思議。乗り継げるのかどうかわからないじゃん。もっとも、地元の人は周知の事実だし、そんなに乗換え客がいるとも思えないが・・・
 実際は北条町駅隣のロータリーにバスは入る

 列車は1時間程待ちのようだ・・・・・・

 することも無いので構内でふらふら

 ・・・ゆるキャラ?もう少しなんとかならんかな・・・
 播磨国の風土記に記されている根日女伝説がモチーフであろう。悲恋の物語だという・・・なのでもうちっと・・・こう、なんとか

 むしろこっちなんか「ガチ」じゃないの?

 留置されるフラワ2000−1。2008年に廃止された近隣の三木鉄道から譲り受けた。現在はこのタイプのみ3両が在籍している

 ワイパーがwww

 駅の裏に研修庫がある。北条町が運転の中心になっている。かたや、JRと接続している粟生では線路そのものが既に繋がっていない

 粟生からの列車がやってきた。折り返しこれに乗る。2000−3

 すず虫列車だって!!

 すず虫おったわ!!リンリン♪

  北条町→粟生:フラワ2000−3 10:42発 618レ 「粟生」

 天気悪いし、ラッシュも終わっているし、旅客は少ない

 小雨煙る北播磨地を淡々と走る
 北条鉄道の前身は国鉄北条線。加古川と谷川を結ぶ加古川線の枝線だった。同様に厄神から三木を結んだ三木線、野村(現西脇市)から鍛冶屋までを結んだ鍛冶屋線と加古川線を介して一元運用されていた
 加古川線以外が国鉄末期に特定地方交通線に指定され、鍛冶屋線はJR西日本に継承されたものの、1990年に廃線。三木線と北条線のみが第3セクターとして再出発した
 もっとも、モータリーゼーションの進展から3セク化された2線も営業は芳しくなく、三木鉄道は2008年に廃止となってしまった
 三木鉄道については、神戸都心部には神鉄、さらには高速バスがあり加古川周りは時間的に不利、という要因があった。その神鉄ですら収支の悪化に苦しめられている現状にあっては廃止もやむなしであったろう
 最終的に近隣の路線では北条鉄道だけが残ることになった

 
 加古川線を通り越して反対側の神鉄粟生線粟生駅へ。列車本数が少ないので選好みできない。客待ち中の3000に乗り込む

  粟生→新開地:3109 11:10発 急行「新開地」

 急行とは名ばかりで、線内の殆どの駅に停車する・・・
 先述した高速バスの台頭で慢性的な赤字が続いており、路線廃止が何度も取り沙汰される現状である。早めに乗っとけw
 鈴蘭台まで到達したことで、神鉄は全線完乗。粟生から1時間少々で新開地へと到着した

  新開地→十三:8501 12:22発 特急「梅田」

<十三>
 ぶたまん買った

 宝塚線のホーム脇にこんな引込み線が残っていた。ご覧のとおり、本線とは繋がっていない

 舗装されているが、レールの敷設状況から現役時代から併用軌道だったようだ
 荷扱いホームかな?調べてみたけど、詳細はわからなかった

○ 十三→蛍池:9105 13:03発 急行「宝塚」


 ほたる〜

  蛍池→大阪空港:2118 13:26発 「大阪空港」


 飛行機見ながら展望デッキで551蓬莱の豚まんを喰う

 昔は、あのフィンガー部分に入れたんだよねぇ・・・

 さっさとお土産買って中に。A320

 きっついな!!レインボーカラーまだ残ってる!!

 昔、スターアライアンスカラーだったJA8290

 JA807A。これに乗るよ

 ITM→HND:JA807A B787−8 NH030 15:00発  31D


 今日は通路側。レインボーになるのは最初の奴だけじゃないだな

Ads by TOK2