東京大阪飛行初め2018


昨年末の広島行では当日の機材変更によってA321に搭乗が叶わなかったので、年始に再トライ
それと今年はあまり遠出出来なそうなので、早目に年次飛行(1997年から毎年必ずフライとしている)の記録保持をしておこうかと思った次第
当初から仕事明けの日、日帰りで出かけるつもりだったので、自ずと出かける先は限られる
A321が現状6機とも東京ベースで動いているので捕まえやすいかと思いきや、路線が限られているのでコストと時間の兼ね合いが難しい
東北方面は非常に魅力なのだが、この時期は飛ぶかどうかも怪しい。いつもの岡山、広島辺りにしようかと思ったが、これも実行日にはあまりいいフライトが無い
最初は日付を見直そうかと思ったが、まさかの羽田〜伊丹にA321が投入されているのを突き止め、「あ、これが一番良いじゃん♪」と相成った
あわよくば最新のA321−200neo(new engine option/新型エンジン機)に乗りたい。というか、これ狙いの企画だけども。最低でも前回とは違う機番、A321−200ceo(current engine option/従来エンジン機)でもJA111A以外の機体に乗りたい・・・・・・

<2018/1/10>
 仕事明け、都営新宿線の電車に珍しく揺られている
 たまには違うルートで羽田まで行こうと思う

 うつらうつらしてたら馬喰横山。乗り換え

 かわいい♪名前は調べても判らない

 歩いて東日本橋へ。浅草線から京急に乗り継いでゆく
 泉岳寺まで京成車。泉岳寺から始発の快特三崎口行き1700の一番前に。さらに京急蒲田で横浜方面からのエアポート急行に乗り継ぐ

 羽田に到着したエア急1185。新1000の16次車。正面形が従来形に戻っているが、車端に電源付ボックスシート設置、塗装は在来車見たいなラッピングになった
 この次の17次車は同じステンレス車体ながら新1000としては始めての通常塗装仕様で出場するそうだ。昨年12月に1201編成が出場しており、今後準備が出来次第一般運用に就くであろう

 特にすることも無く検査場直行

 64番スポットで昼食食べながら待っていると伊丹からB777到着。折り返し搭乗便になるJA710Aだ

 東京・羽田→大阪・伊丹:NH023 12:00発 B777−200ER JA710A 40K


 いざ搭乗
 使用機材遅れの為、5分ディレイ
 昼時の伊丹便は半分くらいの搭乗率。それでもプレミアムは満席。400席のB777では持て余し気味かな?3席並びの座席だが、隣に乗客はいない

 Aランを南に向かって離陸。浮島、扇島を見ながらクライム。東京湾上でライトターンして

 三浦半島上を横断

 相模湾上を西へと向かう

 厚木基地。横田基地まで見える。入間は・・・・・・わからんなw
 
 小田原駅と、箱根湯本駅

 芦ノ湖上空から御殿場裾野方面。富士山は雲に隠れている

 駿河湾上から

 富士を過ぎると静岡の山間部方面は雲

 雲を越えた後はもう愛知

 愛知県はすっきり晴れ間。蒲郡上空辺り。名古屋市は写真真上奥の方

 碧南や半田

 知多半島上空。セントレアが見える。離着陸機の気配は無い

 伊勢湾を越えて、三重県に入る

 真下に近鉄伊勢中川駅。デルタ線もわかる

 三重、奈良県境辺りの山間部。川がS字にうねっている右側が名張
 なんか?白くないか??

 雪だなぁ。雪の残る稜線が三重と奈良の県境

 雪だ・・・・・・写真左下のゴルフ場がムロウ36ゴルフクラブ

 飛び越えて奈良盆地。天理駅上空。天理臨用の留置線が見える

 橿原線と天理線の分岐駅、平端
 再び雲が多くなって、断雲を出たり入ったり掠めたりで高度を下げてゆく

 生駒山地を越えて降下してゆく。今日はちょっと低くないか??信貴山辺りも積雪が確認できる
 大阪平野はもう雲の下

 網干総合車両所明石支所放出派出所。いわゆる放出電車区

 おおさか東線の工事区間。対向ホームが見える。仮称都島駅だろうか

 新幹線と交差

 伊丹空港にランディング

 10番スポットにイン。隣はB737−800、JA85AN「東北フラワージェット」


 伊丹に到着した710A。到着遅れと、もろもろの遅延が重なって伊丹滞在時間が減ったので、空港から外には出ないことに
 当初予定では、川西池田まで兵庫県アタックするつもりであったw

 てわけで、お土産など買いこんで、すぐに東京に帰りま〜す

 フラワージェット出発

 乗ってきた710Aも一足先に東京へと向けて出発して行った

 雨が降ったりやんだりだったが、回復基調になってきたみたい。六甲の上の方は雪積もっているみたいな・・・・・・?

 さて、こちらの乗る機材は・・・・・・と

( ゚д゚) ポカーン・・・ 
  
(つд⊂)ゴシゴシ 
  
(;゚д゚) ・・・ 
  
(つд⊂)ゴシゴシゴシ 
  _, ._ 
(;゚ Д゚) …!?


321neoキターッ!!!!!


 東京からの25便がランディング
 折り返し、搭乗便、東京行き30便となる

 おおおおおおおお本当にA321−200neo!!

 初号機のJA131Aだ!

大阪・伊丹→東京・羽田:NH030 15:00発 A321−200neo JA131A 33A

 現状、6機のA321が制限無くオペレートされている。タイムテーブル上では「321」としか表示されないので、在来機(A321−200ceo従来エンジン機)か新エンジン機かはわからない。6機のうち2機がneoだが、過去2回の搭乗では2回とも111Aを引き当てる引きの悪さだったので、今回の大当たりは物凄く嬉しい。だいたい、一昨年2016年の年末から5回もA321使用便を選んでいるのに、うち2回は機材変更でB3になったりB7になったりでそもそも321に乗れていないという。分の悪い賭けの中で、良くぞこの便を選んだとあの日の自分を褒めたい。もう一番のお年玉だな♪
 今後、4機あるceoは早い段階で退役し、neoがオペレートの中心になっていく機材計画である。neoには後になればなるほど乗れる機会は多くなるのだが、こうゆうのは旬のうちに一回乗っておきたいものなのだ。マニアってやつは

 そんなわけで、A321−200neo初搭乗。昨年のA320neoに続いて2度目のギヤードターボファンエンジン機
 いくら閑散時間帯とはいえ、さすがに東京〜大阪便に190席クラスのA321では満席になってしまう。航空会社としては満席が一番稼げるが、路線規模的に積み残しが出てそうで稼ぎきれないんじゃないかと思ってしまう

 現行の321シリーズは全機が各席にモニターを装備しており、オンデマンドでプログラムを楽しめる。この辺は昨年の紀行等で再三お話しているので今日は割愛

 この辺の操作PADも在来、新型共通

 ceoとneoで異なるのは、機外カメラというモードがあることくらいだろうか。常時前方と、フライト中の下方を映してくれる
 ランウェイに乗った前方映像。これは楽しい。でもあんまり注視していると酔う

 大阪滞在1時間半で離陸

 キラキラしてる

 右へ右へと周って伊丹空港が眼下に
 近畿はまだやはり雲の下か・・・・・・

 雲が切れ始めた。太陽はだいぶ傾いている

 伊勢湾上空に

 駿河湾上空へと差し掛かる。静岡市から東方面を

 伊豆半島。西伊豆

 伊豆半島の先っぽ

 伊豆大島

 房総半島

 今日はBランに降りるらしい。東京湾の北側をぐるっと周っている。ああ、ずいぶん暮れてきたな

 正面にB滑走路

 タッチダウン。減速。東京に戻ってきた

 500番台スポットはサテライト工事が行われている

 52番スポットにイン

 到着した131A
 念願のA321−200neoにも乗れたし、満足満足。飛行初め大成功!!

Ads by TOK2