テクニック解説

ダブルクラッチシュート

一旦シュートしようとしたところにブロックが入ったので逆の手でシュートするという技。
これがチームで一人使えると使えないでは恐らく一試合で6点〜12点は違ってくるぐらい使える技。
ちなみにマイケル・ジョーダンはこれにもう一回クラッチをかけたトリプルクラッチをやってみせた。


ダブルクラッチシュートのムービー

このムービーはEA SPORTS社から発売の『NBA Live 2003』で作りました。
ちなみにこの選手は知ってる人は知っているジェイソン・キッドです。



フェイダウェイシュート(フェイドアウェイシュート)


通常のジャンプシュートは真上にジャンプするがこれは斜め後ろにジャンプしてシュートするもの。
マークマンが接近していたり、長身の場合にシュートブロックを外すために使う技。
背筋や空中バランス、ボールコントロールが上手くないと使いこなすのは難しい。



フェイダウェイシュートのムービー

このムービーもEA SPORTS社から発売の『NBA Live 2003』で作りました。
ちなみにこの選手はオフェンス、ディフェンスともに実在しない選手です。

Ads by TOK2