商品の売買に関する取引の明細を記録する為に仕入帳と売上帳という帳簿が使われます。
仕入帳には仕入に関する取引を、売上帳には売上に関する取引を記入します。

それぞれ、取引の日付、仕入(売上)先名、代金の決済方法(小切手,掛,手形など)
商品名、数量、単価、仕入に係る付随費用などを記入します。
また、値引,返品は赤で記入します。(日商簿記では赤で書く必要はありません)

月末の締め切り方は、返品,値引以外を合計し、総仕入(売上)高として、
その次の行に値引,返品の合計を赤で仕入(売上)返品・値引高として、
その二つを差し引いた金額を純仕入(売上)高として記入し、締め切ります。

具体的には次のように。

[ 例 ] 仕入
11月10日:大阪商店よりえんぴつ100個 @10円、消しゴム100個 @30円を掛で仕入れた。
      その際、引取運賃400円を現金で支払った。
11月15日:上記 えんぴつのうち50個が不良品のため返品した。
11月20日:上記 消しゴムに汚れがあったため100円の値引きを受けた。
11月25日:大阪商店よりえんぴつ50個 @15円、消しゴム50個 @25円を掛で仕入れた。

仕   入   帳
平成15年 摘    要 内 訳 金 額
11 10

 大阪商店                    掛け

  えんぴつ 100個 @¥10

  消しゴム 100個 @¥30

  引取運賃

 

1,000

3,000

400

 

 

 

4,400

 

500

100

 

 

2,000

   
   
   
  15

 大阪商店                 掛け返品

  えんぴつ 50個 @¥10 

 

 

 

 

750

1,250

   
  20

 大阪商店                 掛け値引

  25

 大阪商店                    掛け

  えんぴつ 50個 @¥15

  消しゴム 50個 @¥25

総  仕  入  高 

仕入返品 ・ 値引高 

純  仕  入  高 

   
   
  30  

6,400

600

 
    5,800
     


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

[ 例 ] 売上
11月15日:兵庫商店にえんぴつ50個 @50円、消しゴム80個 @100円を掛で売上げた。
      その際、発送運賃400円(当社負担)を現金で支払った。
11月20日:上記 えんぴつのうち10個が不良品のため返品された。
11月25日:上記 消しゴムに汚れがあったため500円の値引きをした。
11月30日:兵庫商店にえんぴつ50個 @30円、消しゴム50個 @60円を掛で売上げた。

売   上   帳
平成15年 摘    要 内 訳 金 額
11 15

 兵庫商店                    掛け

  えんぴつ 50個 @¥50

  消しゴム 80個 @¥80  

 

2,500

6.400

 

 

8,900

 

500

500

 

 

4,500

   
   
  20

 兵庫商店                 掛け返品

  えんぴつ 10個 @¥50 

 

 

 

 

1,500

3,000

  25

 兵庫商店                 掛け値引

  30

 兵庫商店                    掛け

  えんぴつ 50個 @¥30

  消しゴム 50個 @¥60

総  売  上  高 

売上返品 ・ 値引高 

純  売  上  高 

   
   
   

13,400

1,000

 
    11,400
     


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

次回は売掛金元帳,買掛金元帳と仕訳帳(補足)について。 記帳












Ads by TOK2