試用販売

試用販売とは、試しに使ってもらい、購入するか決めてもらうという販売方法で、
相手が買い取るという意思表示をした時に売上が成立します。

商品を渡した時にはまだ売った訳ではないので、売上とはできません。
そこで出てくるのが、対照勘定法による備忘記録です。
科目は「試用販売契約」/「試用仮売上」で、売価により仕訳します。
買い取ると言われた時はこれを逆仕訳した後、「試用売上」を計上します。
買い取らないと言われた時には、ただ逆仕訳をするだけです。

[ 例1 ]
試用販売のため、商品(原価¥100,000、売価¥200,000)を送付した。

試用販売契約 200,000 / 試用仮売上 200,000

[ 例2 ]
上記商品を買い取る旨の通知を受けた。

試用仮売上 200,000 / 試用販売契約 200,000
売 掛 金 200,000 / 試用売上 200,000

*補足*

対照勘定法の科目にはこの他、「試用販売売掛金」/「試用販売」など
他の名称で仕訳する場合もありますが、問題の指示に従って下さい。

対象勘定法の他、「試用品」勘定を使う、委託販売時の様な処理もあります。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

割賦販売

割賦販売は、販売代金を分割して回収するという販売方法です。
具体的にいえば、月々いくらで〜回払い払いってやつですね。
本当はちょっと違うのですが、車や家のローンみたいなもんです。

商品を引き渡した時に収益を計上するのが原則ですが、
割賦販売では、回収期間が何年にもになることもあるので、
引渡時に収益にせずに、回収時に収益とする事も認められています。

この収益の計上時期の基準をそれぞれ「販売基準」と「回収基準」といいます。

− − − − − − − − − − − − − − − − − −

販売基準による収益の計上

通常の売上及び売掛金と区別するため、「割賦売掛金」「割賦売上」で処理します。

[ 例1 ]
商品(原価¥100,000、売価¥200,000)を売却し、代金は10ヶ月の分割払いとした。

割賦売掛金 200,000 / 割賦売上 200,000

[ 例2 ]
上記の割賦代金の支払日が到来し、当座預金に入金された。

当座預金 20,000 / 割賦売掛金 20,000

− − − − − − − − − − − − − − − − − −

回収基準による収益の計上

収益の計上方法には対象勘定法と利益繰延法の2種類あります。

対照勘定法は、商品引渡時には対照勘定で備忘記録をし、売上を計上せず、
代金の回収時に“逆仕訳+売上計上”する方法です。
科目は、「割賦販売契約」/「割賦仮売上」です。
なお、期末時には引き渡した商品のうち未回収部分を期末在庫とします。
また、試用販売同様、対照勘定には色々ありますので指示に従えばOKです。

[ 例1 ]
商品(原価¥100,000、売価¥200,000)を売却し、代金は10ヶ月の分割払いとした。

割賦販売契約 200,000 / 割賦仮売上 200,000

[ 例2 ]
上記の割賦代金の支払日が到来し、当座預金に入金された。

割賦仮売上 20,000 / 割賦販売契約 20,000
当座預金 20,000 / 割賦売上 20,000

− − − − − − − − − − − − − − − − − −

利益繰延法は、商品引渡時に売上を計上し、決算時に回収していない代金の
利益部分だけを計算し、次の期に繰り延べる方法です。
繰延の仕訳は「繰延割賦売上利益控除」/「繰延割賦売上利益」で、
時期において戻入する時の仕訳は「繰延割賦売上利益」/「繰延割賦売上利益戻入」です。
繰延割賦売上利益控除の代わりに「繰延割賦売上利益戻出」とする場合もあります。

[ 例1 ]
商品(原価¥100,000、売価¥200,000)を売却し、代金は10ヶ月の分割払いとした。

割賦売掛金 200,000 / 割賦売上 200,000

[ 例2 ]
上記の割賦代金の支払日が到来し、当座預金に入金された。

当座預金 20,000 / 割賦売掛金 20,000

[ 例3 ] 決算期間1月〜12月
決算に際し、上記割賦代金の未回収額に対する利益を繰り延べる。
未回収額は¥180,000である。

売価−原価=利益→200,000−100,000=100,000
未回収分に対する利益→100,000×180,000/200,000=90,000

繰延割賦売上利益控除 90,000 / 繰延割賦売上利益 90,000

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

予約販売

予約を受け、代金を受け取った後に、商品を引き渡す販売方法です。
代金を受けとった時には「前受金」で処理し、商品引渡時に売上を計上します。
この場合の売上は、特別な科目を設ける必要はありません。「売上」でOKです。

[ 例1 ]
百科事典(全10巻、1巻¥10,000)の予約を受け、代金100,000を現金で受け取った。

現 金 100,000 / 前受金 100,000

[ 例2 ]
上記の百科事典の1巻か完成したので引き渡した。

前受金 10,000 / 売 上 10,000

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

次回は、商品の減耗、評価、割引等について 商品の評価等












Ads by TOK2