電子辞書変換

 Windows用の変換プログラムを使って、EPWing形式に変換する方法のサンプルです。


必要なモノ


出来る電子辞書


準備

  1. コミックマーケットCD−ROMカタログ(以降カタロム)のA DISCをHDDに全てコピー。
  2. し〜ぽん Ver65をCIPONフォルダにコピー(COMIKE65.DEFも添付のモノに置き換え)
  3. EBStudioをダウンロードしてインストール。

サークルカット画像を作成

  1. し〜ぽん Ver65を実行。
  2. カタロムをコピーしたフォルダを指定。
  3. メニューから「設定」を選択。
  4. 「設定」画面の「アイコン設定」タブに切り替え。
  5. 「アイコンファイルキャッシュを作成」にチェック。
  6. フォルダ名を指定。
  7. 保存形式にJPEGを指定(電子辞書ではJPEGしか使えません。BMPではサイズが巨大すぎ)
  8. クオリティを指定(デフォルト値で辞書サイズ200M位になったような…)
  9. 「設定」画面の「一覧表示設定」タブに切り替え。
  10. 「アイコン表示」のサイズ等を指定し、保存にチェックを入れる(「縮小表示」の方はデフォルトでは使いません)
  11. 「OK」ボタンで一度「設定」画面を閉じるて設定内容を保存。
  12. 再度、「設定」画面を開く。
  13. 「アイコン設定」タブに切り替え。
  14. 「全てのアイコンファイルを作成!」ボタンを押す。
  15. 確認画面で「はい」
  16. ひたすら待つ。

作成元テキストを作成

  1. メニューから「ツール」→「サークル情報をテキスト出力」を選択。
  2. 出力するファイル名を指定(デフォルトのcatrom.htmlのままでOK)
  3. 画面に「n件出力しました」と表示されるまでじっと待つ(デフォルト状態で約8Mのhtmlファイルを作成します)

テキストを電子辞書形式に変換

 デフォルトの"C:\Program Files\EBStudio\"にプログラムが存在すると仮定してサンプルの定義ファイルは作成されています。
  1. EBStudio用定義ファイルを展開。
  2. 同じ場所に先ほど作成したテキスト(html)ファイルを移動する。
  3. EBStudioを実行。
  4. メニューから「ファイル」→「開く」
  5. 展開したフォルダのcatrom.ebsを指定。
  6. メニューから「ファイル」→「実行」

終わり

  1. サークルカット画像が不要なら「設定」画面の「アイコン設定」タブにある「全てのアイコンファイルを削除!」ボタンで消す。
  2. 電子辞書の元ファイル(catrom.html)も消す。


注意事項




戻る



Ads by TOK2