タイヤ釘抜き

 

パンク修理について/工具/タイヤをはずす/パンク修理/タイヤを取り付ける

 

パンク修理について

車のタイヤに釘がささっていた、いつのまにかタイヤがぺしゃんこになっていた、
ハンドルをもっていない状態で車がまっすぐ走らない・・など、経験されたことはありませんか?

そんなときは、タイヤがパンクしている可能性もあります。
また、釘が刺さっている場合も空気漏れにつながるので、釘をはずし、パンク修理を行います。

では、パンク修理、皆さんはどのようにしていますか?カー用品店に行くと、補修キットのコーナーに
パンク修理キットがあるので、それを購入すれば、自分でも手軽にパンク修理が出来ます。

最近の自動車タイヤは、ほぼみんなチューブレスタイヤです。
それに対し、自転車はチューブが入っている「チューブタイヤ」です。

チューブタイヤの場合、外の硬い部分の内側に入っているチューブを取り出し、パンク修理をします。
チューブレスタイヤの場合、チューブはありませんので、タイヤの部分を直接修理します。

今回は一般的な「チューブレスタイヤ」の釘抜き・パンク修理の様子をご紹介します。

 

工具

タイヤパンク修理キット コンプレッサー

釘抜き・パンク修理に必要な工具

  • タイヤパンク修理キット 1式
  • 釘抜き
  • カッター
  • 空気入れ
  • エアゲージ
  • バケツ

タイヤの脱着に必要な工具

  • 十字レンチ
  • トルクレンチ
  • ジャッキ(今回はシザースジャッキ)

 

タイヤをはずす

ジャッキセット部分 タイヤのすぐそばに、、鉄板が三角に削れている
部分があります。この写真ではシザースジャッキが
取り付けられている付近にありますが、
そこにジャッキをセットします。
セットする部分が重要なので、慎重に行います。

セットしたら、持ち上げるための棒を少し動かしてみて、
ちゃんとセットされていることを確認します。

ナットをはずす タイヤが回らないけど、加重もかかっていない
程度まで上げて、十字レンチでナットをゆるめます。

次に、タイヤが接しないではずれるところまであげます。
あげすぎるとタイヤを持ち上げるのが大変なため、
なるべく低くがいいようです。
ただし、つけかえるタイヤの外径がもとついていた
タイヤよりも大きい場合には、そのタイヤが入るくらい
あげておかないといけないことになります。

タイヤがあがったら、ナットを全てはずします。

タイヤをはずしたところ 今回、左後ろのタイヤをはずしました。

タイヤとジャッキの位置関係はこんな感じです。

 

 

パンク修理

釘が刺さっているタイヤ 釘の刺さっている部分を確認します。
釘を抜く 釘抜きで、釘を抜きます。

抜き終わると、当然ですがシューッという音と共に、
タイヤから空気が抜けていきますが、
気にしなくて大丈夫です。

穴をあける ここはパンク修理キットの用法に従って
作業をしてください。

釘の刺さっていた場所に穴をあけます。
今回の補修キットのつめものはかなり太いので、
穴は大きめにあけました。

穴がある程度あいたら、空気が抜けないように
工具をさしたまま、次の準備をします。

補修のつめものの準備 ここはパンク修理キットの用法に従って
作業をしてください。

穴をふさぐためのつめものを準備します。

 

つめものを埋め込む ここはパンク修理キットの用法に従って
作業をしてください。

穴をあける工具をはずし、つめものを埋め込みます。

工具だけはずす ここはパンク修理キットの用法に従って
作業をしてください。

埋め込んだら、工具だけはずします。

空気を入れる タイヤに空気を入れます。

今回はコンプレッサーを使用していますが、
手動の空気入れでも大丈夫です。

空気圧を測る エアゲージで空気圧を測ります。

適正空気圧は車によって異なります。
ドアをあけるとボディ側にシールが貼ってあり、
そこに書かれています。

前後のタイヤで空気圧が違うこともあるので、
必ず確認しましょう。

空気漏れのチェック バケツに水を入れ、補修部分にかけます。

補修部分でプクプクと泡が出れば、
空気漏れしているので、やり直しです。

はみだしているつめものを切る ここはパンク修理キットの用法に従って
作業をしてください。

はみ出した部分のつめものを、カッターで切断します。

これで完成です。

走行することで、自然とつめものが熱で溶け、
穴がぴったりふさがります。

 

タイヤを取り付ける

タイヤを履かせる タイヤをはかせます。

 

ナットを手で取り付ける ナットを手で締めます。

その際、ナットは対角線上に取り付けていきます。

十字レンチでナットを締める 十字レンチで、ナットをある程度までしめます。

このとき、決してきつくは締まりません。
リアタイヤの場合、サイドブレーキを引いているので
レンチでもきつく締まりますが、締めないようにします。

 
トルクレンチでナットを締める タイヤが地面に接してまわらなくなるぎりぎりまで
下げます。加重はかからない程度の高さです。

そして、トルクレンチでナットを締めます。

タイヤが取り付けられたのを確認して、
車をおろし(ジャッキを下げ)ます。

最後にジャッキをはずして終了です。

 


Copyright (C) Tomotan & Tamatan
Ads by TOK2